FC2ブログ

Kaede's7thfirees!!

スポンサー広告


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 

セブンスドラゴン小説


エデンと孤独の少女 ?1話?


プロローグ

1.png
今夜は三日月
雲行きもなくきれいだ
だがおかしいところがある
なぜ?そう思う?
それは星がない事
月が出てるのに星がないなんておかしいとは思わないかい?
それが始まりであった―
異変に気づく最初の人間は1人
その少女の名は・・・・
アイテル
8.png



  ?1話?
今夜は三日月
星もなく、雲行きもない
それがまるで異変を告げるような元凶であった
3.png
仮面を持つ人間がつぶやく
「何かが始まるのかな」
気づいてるようで気づかない


   ???昼???
4.png

カザンの町並みにぶらついてる少年が1人
その少年の名前は ファイ
16歳からハントマンになり、今年で17歳になる
「はぁ・・・なんかやる事ないなぁ・・・」
そうつぶやく

しばらくファイはぶらぶらして歩いてた
すると東のほうから悲鳴が聞こえた
ファイはかけつける
するとモンスターが現れて人々たちは逃げていた
「モンスター!?」
青色の羽持つモンスター、うさぎっぽいモンスターなどが大量に現れていた
「ええい、とにかく片付けるだけだ!」
ファイは斧を持ち、
「パワァークラッシュッ!!!!!」
と叫ぶ
5.png
その叫び声が聞こえたルシェファイター
ルシェファイターは叫び声が聞こえた方に向かう

ルシェファイターが着いたころには
ファイはボロボロになってた
「まったくあの子はしょうがないよ・・・」
と言い剣をかまえる
そして突進する
「ラッシュエッジ!」「ラッシュエッジ!」「ラッシュエッジ!」・・・
モンスターは次々と倒れる
そして最後の1匹になったところで
「タランテラ」
とどこからか声が聞こえる
その声が聞こえた直後モンスターは バタンッ と倒れた
そこにはいなかったはずの金髪のローグがいた
7.png
するとルシェファイターが
「・・・あんたか。ハッチ。」
ハッチと言う名前の金髪のローグは
「ハルこそ」
ハルと言う名前のルシェファイター
6.png
お互いに睨む
するとハルが
ハル「あんたなぜ最後の獲物を持っていった?」
ハッチ「モンスターがいたら片付けるのみ。だろ」
ハル「でも人の獲物をとっていいと思ってるの?」
ハッチ「私はローグ。裏社会で活動してる 人の物など関係ない」
ハル「・・・そうね。あんたはローグだったわね。」
そう言うと去っていく
ハッチ「・・・ふん。」
ハッチも早足で去る
ファイ(あの二人・・・仲悪いのかな・・・。)
ファイ(でも俺なんて・・・!あの女の子に助けられるなんて・・・弱いんだ・・・)
ファイ(もっと・・・強くならなきゃ・・・)
ファイは心からこう思ってた
そしてファイはまだ知らなかった
あの二人の関係を―。

      ???END???
スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。